iriver Japan

  • 製品一覧
  • 販売店
  • お客様サポート
  • 法人のお客様へ
  • お問い合せ

プレスリリース - サポータープログラム、および英語コンテンツ配信のリリース

2003年10月16日

iRiver Catch the Digital Flow! PRESS RELEASE

2003年10月16日
アイリバー・ジャパン株式会社
http://www.iriver.jp

iRiver製品ユーザー向け新規カスタマーサービスを開始
●株式会社アルクの英語学習コンテンツを無償配信
6ヶ月間にわたり毎週追加/多目的デジタルデバイスとしての使用機会を提供
●「サポータープログラム」始動
発売前の新製品を提供し、ユーザー視点での製品評価をWebに掲載
賛同ユーザーを募集 期間:10月16日〜10月31日

  携帯型デジタルオーディオプレーヤーの世界ブランド「iRiver」(アイリバー)製品を日本国内で販売するアイリバー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:遠藤信久)は、iRiver製品ユーザーを対象としたカスタマーサービス拡充の一環として、WMAファイル形式の英語学習コンテンツを無償で提供するサービスと、一般ユーザーの中から選ばれた"サポーター"にユーザーの立場からの製品紹介やCOMMUNITYサイトの運営に協力してもらう「サポータープログラム」の、2種類の新規サービスを11月4日(火)から開始します。


  ■英語学習コンテンツを無料配信

  多彩な機能を誇るiRiver製品は、単に音楽を楽しむ用途だけでなく、生活の様々な場面で活躍する多目的デジタル・デバイスです。アイリバー・ジャパンでは、ユーザーに製品を最大限活用してもらうためのカスタマーサービスの一環として、英語学習コンテンツの無料配信を行うことにしました。
  提供されるコンテンツは、語学教材出版の大手・株式会社アルク(本社:東京都杉並区、代表取締役:平本照麿)の教材から抜粋された良質の英語コンテンツで、初級、中級、上級の3コースが用意されています。今後6ヶ月間にわたり1本当たり2〜3分のWMA形式のファイルが、毎週それぞれで1本づつ追加され、幅広いユーザーに英会話を学習する機会を提供します。

  フラッシュメモリータイプの「iFP」シリーズやハードディスクタイプ「H」シリーズなど、軽量・コンパクトで携帯性に優れたiRiver製品は、通勤・通学途中の語学学習にも最適です。特に、ハードディスクタイプの最新機種「H120」には、MP3/WMAファイルの再生に加え、テキストデータを大画面LCDに最大8行まで表示でき、耳から聞いた英会話を目で確認できるテキストビューアー機能や、音声ファイルの任意の区間を繰り返し聞くことができるリピート再生機能など、語学学習に強力な機能を備えております。

  アイリバー・ジャパンは、ユーザーとのコミュニケーションを第一に考え、常に顧客満足度の高いサービスを提供しています。今後も日本市場におけるiRiver製品の更なるシェアアップおよびブランドイメージの向上を目指し、付加価値の高いサービスを提供していく予定です。

●提供コンテンツ内容
  提供するコンテンツは、1本当たり2〜3分のWMA形式のファイルです。初級、中級、上級の3コースを用意し、今後6ヶ月間で、各コース全26本のコンテンツを配信する予定です。

コース 内容 配信本数
初級 月刊「ACTiVE ENGLiSH」(アルク刊)連載中の「中学英語でカンタン英会話」バックナンバーより中学生レベルの基礎英語(英検4級相当) 26本
毎週配信
中級 月刊「ENGLISH JOURNAL」(アルク刊)連載中の「Tell Me About It!」バックナンバーより約2〜3分間のリスニング。海外の映画やドラマの内容が字幕なしで理解できるレベル 26本
毎週配信
上級 時事英語コンテンツ(VOAニュースフラッシュ、アルク刊)バックナンバーの配信を予定 26本
毎週配信

●利用方法
  アイリバー・ジャパンのホームページ内、ユーザー専用ページから、英会話コンテンツのダウンロードが可能。http://www.iriver.jp
 ダウンロードしたコンテンツは、パソコンのWMA対応再生ソフト(WindowsではWindows Media Playerなど)でも再生可能。
 ユーザー専用ページに入るには、ユーザー登録の上、IDとパスワードの入力が必要です。


  ■「サポータープログラム」始動

  今回開始される「サポータープログラム」は、製品購入ユーザーの中からiRiver製品に詳しい上級ユーザーをサポーターとして選出し、製品評価やユーザー同士のコミュニケーションの場である「USER COMMUNITY」の運営に協力してもらうものです。
  サポーターには発売前の新製品がいち早く提供され、同社Webサイト内の「Supporter's Column(サポーターコラム)」ページに評価レポートが掲載されます。メーカーサイドからの情報ではなく、ユーザー視点での製品評価により、潜在ユーザーへのクチコミ的な訴求効果を期待しています。
  また、製品の評価だけでなく、リリース前のソフトウェアのテストなどに参加してもらい、改善点などを提案してもらいます。ダイレクトな意見交換ができるよう、オフラインミーティングなども実施し、ユーザーサイドからの意見や要望を、今後の製品開発に積極的に反映させます。

  サポーターは、10月16日〜10月31日までの期間中、メールで応募してきたiRiver製品ユーザーの中から自己PRを参考に5名が選出されます(詳しくは下記参照)。サポーターに選ばれると、iRiver製品の最新機種が発売前の段階で提供され、その機能や使い勝手などをいち早く体感することができます。また、USER FORUM(掲示板)で積極的に発言し、USER COMMUNITYで指導者的な役割を果たすなど、より協力的なサポーターには韓国iRiver社への見学ツアー等に招待する、韓国旅行のプレゼントなども用意されています。

  アイリバー・ジャパンでは、このサポータープログラムを通じて、ユーザーとの双方向コミュニケーションを強化し、よりユーザーフレンドリーな製品の提供を図ります。

●応募要項
資格: サポーター活動に賛同するiRiver製品の購入者
応募方法: 所有している製品名、氏名、Emailアドレス、自己PRを記入したEmailをsupporter@iriver.co.jp宛に送付して応募
募集期間: 2003年10月31日(金)まで
募集人員: 5人
登録期間: 原則半年(自動更新)。
※本人からの申し出があった場合、および当社の判断により期間の途中で登録を抹消する事もあります。
選定/発表: 自己PRを参考に当社の判断により決定、内定者には個別にEmailで連絡
活動内容: ・iRiver製品をユーザーの視点から評価し、アイリバー・ジャパンWEBページで発表
・掲示板内で積極的に発言し、USER COMMUNITYの活性化・健全な発展に協力
・iRiver製品への要求点、改善点の提案
・リリース前のソフトウェアテストへの参加

ページトップへ

Copyright (c) aiuto, All rights reserved.