iriver Japan

  • 製品一覧
  • 販売店
  • お客様サポート
  • 法人のお客様へ
  • お問い合せ

プレスリリース - アイリバー親会社のレインコム、SMエンターテイメント社と提携 (2005/11/14)

2005年11月15日

iriver Style Frontier PRESS RELEASE

2005年11月14日
アイリバー・ジャパン株式会社
http://www.iriver.jp/

アイリバー親会社のレインコム、韓国最大級のSMエンターテイメント社と提携
グローバルコンテンツ流通チャネルを開拓

2005年11月10日 アイリバー系列会社であるユリオンとファンダンゴ合併MOU締結
アジア最大オンラインコンテンツサービススタート計画
アイリバーが、BOAや東方神起と力を合わせグローバル市場へ積極的に展開


世界的な携帯型マルチメディアプレーヤーを販売するアイリバーの親会社であるレインコム(本社:韓国ソウル 代表:ジュン・ヤング www.reigncom.com)は、韓国内最大のエンターテイメント社であるSMエンターテイメント(代表:キム・ヨンミン www.smtown.com)とアジア最大コンテンツ流通チャンネルを創出することに合意しました。レインコムと SMエンターテイメント(以下、SM)は10日、ソウルの鴨鴎亭洞(アックジョンドン)SM本社で、両社の系列会社であるユリオン(代表:シム・ヨンチョル www.funcake.com)とファンダンゴコリア(代表:キム・ヨンミン www.ilikepop.com)の合併関連の覚書(MOU)締結式を行ったと、この日発表しました。この日の行事には、ジュン・ヤング レインコム代表と、キム・ヨンミン SM及びファンダンゴコリア代表(以下ファンダンゴ)、イ・スマン SMプロデューサー兼理事、シム・ヨンチョル ユリオン代表が参加し覚書を締結しました。

ユリオンはコンテンツプラットホーム事業のために昨年レインコムが投資して設立された会社で、オンライン音楽配信サービスであるfuncake.comを同時に運営しています。SMは、神話やHOTをはじめ、BoAや東方神起などアジアの韓流文化のトップスターの音源を確保しており、系列会社のファンダンゴは、SMのデジタルオンライン事業などを推進して来ました。ユリオンとファンダンゴは近日中に合併手続きを踏み、合弁会社を立ち上げる計画です。 合弁会社の業務開始時期と名称は未定で、二つの会社の代表が共同代表を引き受けます。両社の関係者は「合併と関連して大きな枠組みの基本事項を合意し、具体的な詳細条件及び手続きなどは、今後確定するよう最大限迅速に進行させる方針」と明らかにしました。

合弁会社の親会社であるレインコムとSMは、世界的なデジタルマルチメディアプレーヤーのメーカーと、韓流熱風をリードするグローバルエンターテイメント会社の出会いという点では、確実に「ウィンウィン(Win win)」効果を巻き起こすと期待されています。

覚書によれば、合弁会社とSM及びレインコムは、SMが保有している芸能コンテンツと、アイリバー、funcake.comなどレインコムが保有しているインフラ及びマーケティングチャネルを製品企画及び、スターマーケティングに積極的に活用することができます。 これにより合弁会社は、「funcake」と 「ファンダンゴ」という既存オンラインサービス体制に「アイリバー」という力強いハードウェアと、BoA、東方神起をはじめとする韓流コンテンツで、世界的なオンラインエンターテイメント及びデジタルコンテンツプロバイダーとして飛躍する絶好の機会を得ることになります。

合弁会社の音源確保数は 100万曲、韓国内登録会員数だけでも500万人に達し、韓国内最高の音楽サービスプロバイダーとして今後は日本、中国、香港、シンガポール、台湾などアジア市場でオンラインコンテンツサービス地域を拡大して行く計画です。キム・ヨンミンSM代表は「今後の全世界最大のデジタルコンテンツ市場で成長するアジア市場で、新しいオンラインコンテンツサービスの標準を確立して行くことを期待する」と語り、シム・ヨンチョル ユリオン代表は「アジア市場でアップル社のiTunesサービスと差別化する競争力を取り揃えようとすれば、韓流コンテンツの確保は必須」とし、「今回の合併を通じて、iTunesが提供することができなかった、アジア地域の消費者たちへのサービスとコンテンツの要望を、解決することができる」と語りました。

ページトップへ

Copyright (c) aiuto, All rights reserved.