iriver Japan

  • 製品一覧
  • 販売店
  • お客様サポート
  • 法人のお客様へ
  • お問い合せ

プレスリリース−「モバHO!」受信機能を搭載した「U:MO」をUSENと共同開発!(2007/6/18)

2007年6月18日

iriver Style Frontier PRESS RELEASE

2007年6月18日
株式会社iriver japan
http://www.iriver.jp/

MCJグループのiriver japan、音楽や映像を提供する「USEN」と業務提携
「モバHO!」受信機能を搭載したニューモバイルメディア
2.4インチ液晶画面搭載の「U:MO」(ユーモ)を共同開発!!

2007年6月18日(月)よりモバイルUSENクラブにて先行予約受け付け開始

 携帯型デジタルオーディオプレーヤーの世界ブランド「iriver」(アイリバー)製品を日本国内で販売する株式会社iriver japan(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:浅野樹美)は株式会社USEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇野 康秀)とモバイル放送株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新田 義廣)との業務提携を通じて、アイリバーが誇る音楽・画像・動画再生、FMチューナー内蔵、ボイス録音機能、Flash Lite2.1対応などの多彩な機能に加え、モバイル放送株式会社が提供する衛星放送サービス「モバHO!」受信機能を搭載したデジタルオーディオプレーヤー「U:MO」(ユーモ)を共同開発し、モバイルUSENクラブ申込み専用フリーダイアル(0120-580-383)にて6月18日(月)より先行予約を受け付けを開始いたします。資料請求はモバイルUSENクラブWEB (http://www.mobileusen.com/news/)からお申し込みいただけます。モバイルUSENクラブの料金体系は、『端末月額利用料 2,200円*1』+『音楽・映像月額視聴料 980円〜*2』の月額料金体系となっております。

▼業務提携のリリースについては、株式会社USENのホームページもご覧ください。

*1モバイルUSENクラブへの加入が必要です。
*2別途放送契約が必要となります。980円はE/G/Hパックの料金となります。

■「U:MO」の特長
 
「U:MO」(ユーモ)は従来の携帯デジタルオーディオプレーヤーのお気に入りの楽曲だけを楽しむのではなく、モバHO!が放送する、メジャーリーグベースボールをはじめとするスポーツ、24時間*3ニュースや音楽、アニメなどの8つの映像チャンネル・40もの音楽チャンネルの受信に対応する携帯オーディオプレーヤー。U:MOのメインメニューから「モバHO!」を選択するだけで多彩なジャンルのコンテンツを外出先でも手軽に楽しめ、パソコンを使わなくても気軽にコンテンツを手に入れることができるのが特長です。自分のお気に入りの音楽を持ち運べるのはもちろん、空からリアルタイムで降ってくる音楽・映像番組を楽しむことができます。U:MOを利用することで、今まで聴いたことのない楽曲やアーティストとの思いがけない出会い、新しいエンターテイメント情報を手に入れることができ、楽しみ方が無限大に広がります。

■「U:MO」開発の経緯〜「ポケットにUSENを持ち運ぶ」 
 
新製品「U:MO」は、2005年夏頃から「ポケットにUSENを持ち運ぶ」というコンセプトのもと、創業時より40年以上業務店および個人宅向けに豊富な音楽・映像のコンテンツを提供してきたUSENと独自の最先端技術をベースにしたポータブルデバイスを提供するブランドiriverが自分のお気に入りの音楽を持ち運ぶだけではなく空からリアルタイムで降ってくる音楽・映像コンテンツを楽しめるような携帯デジタルオーディオプレーヤーの商品開発を進めて参りました。
  U:MOを利用することで、今まで聴いたことのない楽曲やアーティストとの思いがけない出会い、新しいエンターテインメント情報を手に入れることができ、楽しみ方が無限大に広がります。ユーザーのコンテンツ調達の利便性を追求するべく商品開発を進めて参りました。iriver japanとUSENは、今回の業務提携で、お客様にさらに便利に携帯オーディオプレーヤーを楽しんでいただくために、今後もブランド認知の拡大、および市場シェア獲得のため戦略的な製品投入や革新的なサービスの開発を進めてまいります。


 
U:MO 1GB
 
可能な音楽ファイル収録数*
約240曲
目安となる音楽収録時間(128Kbps)
約18時間
目安となる ボイスレコーディング時間(32Kbps)
約72時間
 
*演奏時間4分の曲を標準的な圧縮率であるCDクォリティの圧縮レート128KbpsでMP3形式を使用し圧縮した場合。
注意:メモリの一部をシステム領域として使用しているため、搭載されているメモリすべてを記憶領域として利用できるわけではありません。

ページトップへ

Copyright (c) aiuto, All rights reserved.