• HOME
  • NEWS
  • A&ultima SP1000 のMQA対応に加え、AK CD RIPPERでMQA-CDのリッピングが可能に

A&ultima SP1000 のMQA対応に加え、AK CD RIPPERでMQA-CDのリッピングが可能に

2018年11月21日

A&ultima SP1000 ファームウエアアップデート(v1.13)追加情報
【 MQA対応に加え、AK CD RIPPERでMQA-CDのリッピングが可能に】
 

株式会社アユートは、ハイレゾオーディオブランド「Astell&Kern (アステルアンドケルン)」のポータブルオーディオプレーヤー「A&ultima SP1000」のファームウェアアップデート(V1.13)に伴い、MQA音源の対応に加え、AK CD RIPPER及びAK CD RIPPER MKIIで、MQA-CDを直接プレーヤー本体にリッピングすることが可能となりました事をおしらせいたします。
 

対象モデル

A&ultima SP1000
 

アップデート開始日

2018年11月19日(月)より配信中
*ご使用環境やお持ちの個体などによっては、配信のタイミングがずれる場合があります。
*アップデートはWi-Fiを通じてネットワーク接続している状態での「OTA(Over-the-Air)」のみの対応となります。
 

アップデート内容

・MQA音源の再生サポート
・その他安定性の向上

 

追加情報:AK CD RIPPERでMQA-CDのリッピングに対応

今回のSP1000ファームウェアアップデート(Ver1.13)に伴い、AK CD RIPPER及びAK CD RIPPER MKII、でMQA-CDを直接プレーヤー本体にリッピングすることが可能となりました。(FLACフォーマットのみ)
 
Wi-Fiにてオンライン接続しておけば、GracenoteからCD楽曲情報の取得が可能となります。リッピング終了後、SP1000検索機能から「CDライブラリ」を選択するとリッピングデータが保管されており、MQAファイルとして再生ができます。

 
*設定方法などについてはFAQページをご確認ください。
https://www.iriver.jp/support/faq_976.php
 
ページトップへ