AK500N USB-DAC Driver for Windows

追加日:2015年02月17日
更新日:2019年01月24日

 AK500N USBオーディオドライバー インストールマニュアル
 
このドライバーは、Windows XP(32bit)~Windows 7/8/8.1(32/64bit)のみ対応しています。
 Mac OSは、自動的に認識されるのでドライバーのインストールは必要ありません。
 
 ・サポートOS 
   - Windows XP (32bit)
      - Windows 7 (32bit/64bit)
      -  Windows 8 / 8.1(32bit/64bit)
 
①弊社Webからダウンロードした、「AK500N USB DAC Driver_v1.0.0 Zip」ファイルを
   右クリック⇒すべて展開を選択し解凍します。
 ※ダウンロードファイルを本ページの一番下からダウンロードしてください。

②「AK500N USB DAC Driver_v1.0.0」フォルダ内にある「Setup」アプリケーションをダブルクリックし
  セットアップウィザードを起動します。




③セットアップウィザードが起動したら、AK500Nを専用のUSBケーブルにてご使用のパソコンに接続し、
  DACモードを選択してください。



④「install」をクリックすると、ドライバーのインストールが開始します。
  インストールが完了すると画面に「Click Finish to Complete the installation」表示が出たら、
   「Finish」をクリックしてください。



■AK500N USB-DAC設定方法

*PCと接続する前に、AK500NをDACモードにする必要がございます。

①AK500Nの通知バーをプルダウンし、「DAC/MTP」を触れることで、「DAC」モードに変わります。



*設定」⇒メニュー項目「USB接続」から「DAC入力」接続設定を行えます。

②DACモードに切り換えたら、付属のUSBケーブルを使用してお使いのPCに
  接続してください。

下の画像の様に、オペレーティング·システムに応じて、デフォルトの「サウンド出力」デバイスを変更します。
  
Windows XP:[コントロールパネル] - [サウンド、音声およびオーディオデバイス]⇒[サウンドと
 オーディオデバイス] をクリックします。 サウンドとオーディオのプロパティを開きます。
 [オーディオ]のタブの「音の再生」の既定のデバイスに「AK500N USB DAC」を選択し「適用」を
 クリックし設定の変更をしてください。 



Windows 7 / 8:[コントロールパネル] ⇒[サウンド]をクリックします。
[再生]タブの「スピーカー」に「AK240 USB DAC」が既定のデバイスとしてチェックマークが表示
されていることを確認します。チェックマークが入っていない場合は「AK240 USB DAC」に
カーソルを合せ、右クリックし 「既定のデバイスとして設定」をクリックします。



Mac OS X 10.7[システム環境設定]⇒[サウンド]をクリック。サウンドを出力する装置を選択
に表示されている、[AK240 USB DAC]を選択してください。



USB DAC仕様
- USB DAC対応OS
+ Windows XP(32ビット)/Windows 7(32ビット/64ビット)/
Windows 8/8.1(32ビット/64ビット)
 Mac OC X 10.7以上
- USB DAC対応仕様
+ 対応フォーマット:WAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE(Normal、High、Fast)、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF
+ サンプリングレート:44.1kHz - 192kHz
+ ビットレート:16ビット/24ビット
+ DSD対応仕様:DSD64、DSD128
- USB-DAC使用中、音量はAK500Nの音量ホイールで調整します。パソコン側では音量の調整は
 できません。
 
※ご注意
 
・USB DAC接続でLCD画面がオフになると、ボリューム調節ができなくなります。
・USB DAC接続中はサイドキーが使用できません。
・パソコンの処理速度が低下したり、USB接続の負荷が高くなると、再生が途切れる場合があります。
・USB DAC接続中は光出力(S/PDIF)の使用できません。


 

ダウンロードする

(ZIP/1469KB)

ページトップへ