SP1000M Case

SP1000M Case

A&ultima SP1000M用イタリアン高級レザーケース

A&ultima SP1000M専用ケースとして、イタリアン高級レザーを採用した2モデルが登場。「A&ultima SP1000M Case Navy」は、Walpier Tannery社製トスカーナベリーレザーを採用。「A&ultima SP1000M Case Gray」は、Tempesti社製Maineレザーを採用しています。

A&ultima SP1000M Case Navy

トスカーナベリーレザー製で、世界的に有名なイタリアWalpier Tannery社によって加工、供給されています。Walpier Tannery社のベリーレザーは、完璧な表面仕上げの工程を得て、ほのかな光沢とソフトな肌触りが特徴で、使うごとに本革らしい深みが増してきます。
 

1973年にトスカーナ州のSan Miniatoで設立。以来、ベジタブルタンニンなめし処理による革製品の製造に関する長い伝統を持ち、イタリアベジタブルタンニンなめし革組合「Vera Pelle」の一員です。
トスカーナベリーの伝統的な植物タンニンなめしの技術は、何世紀もの間、トスカーナ地方の父から息子へと伝承されてきました。
 

 

A&ultima SP1000M Case Gray

イタリアの伝統的な職人技を誇る、イタリアTempesti製のMaineレザーで作られています。
1995年に、Tempestiは、様々な美しい色の革を生産するために、ベジタブルMaineレザータンニングなめし処理を開発しました。優れた耐久性と見た目の美しさを兼ね備えており、その色合いは使うごとに艶が増していく優れた質感が特徴です。
 
 

 1945年創業のTempesti社は、VERA PELLE(イタリアベジタブルタンニンなめし革組合)の基盤を築き、ベジタブルタンニンなめしタンナーとして、トスカーナ州で生産を続けています。エトルリア人が紀元前8世紀に定住し、過去3,000年の間、豊かな色彩で最高級のレザーを作り続けた伝統をTempesti社は受け継いでいます。

主な仕様

素材: WALPIER TANNERY, Tuscany Belly (Made in Italy) / Tempesti, Maine (Made in Italy)
カラー:[Tuscany Belly] Navy / [Maine] Elephant gray

ページトップへ