SA700 Case

SA700 Case

『SA700 Case』は、SA700の”弦楽器のブリッジ部分をモチーフとしたホイールプロテクター”とSA700のLEDライトのデザインを一層際立たせます。カラーバリエーションは「Neo Black(ネオブラック)」、「Poppy Red(ポピーレッド)」、「Viridian Green(ビリジアングリーン)」の3色をラインアップ。『SA700 Case』は、ケースのバックプレートにある「A」ロゴパターンによって、放熱性を考慮しながらも本体を適切に保護、同時にビジュアルの統一性を加えることでプレーヤーの美しさを高めます。

 

Neo Black

ネオブラックはオニキスブラックカラーのバックプレートを備え、NUOVA ALBORA社のトスカーナレザーを使用しています。トスカーナレザーは、革の表面に自然な模様と線を作り出すベジタブル加工を経た、柔らかい高級レザーです。1976年以来、イタリアのトスカーナ地方で革を生産するNUOVA ALBORA社は、この伝統的なイタリアの加工法を守っており、ベジタブルタンニングのなめし革に対する情熱、生産に対する高い基準、環境保護に関しての献身的な姿勢を共有するVERA PELLE Association(イタリアベジタブルタンニングなめし協会)に登録されています。
 

Poppy Red

ポピーレッドはステンレススチールカラーのバックプレートを備え、BADALASSI CARLO社製造によるベジタブルタンニングなめしのプエブロ革を使用しています。「BADALASSI CARLO」は、革に関する優れたスキルで知られるカルロ=バダラッシにより設立されました。カルロ=バダラッシは、現代の方法とは異なり、長い時間と献身を必要とする革の伝統的な加工方法を採用しています。 カルロ=バダラッシは生産量よりも革の品質に焦点を当てているため、トップブランドとしてよく知られています。
 

Viridian Green

ビリジアングリーンはステンレススチールカラーのバックプレートを備え、CONCERIA WALPIER社のカンザスレザーを使用しています。カンザスレザーはベジタブルタンニングなめしで染めたクラスト革を柔らかく加工し、表面をオイルでコーティングしています。 染色プロセスはブッテロ革と同じですが、仕上げにオイルが追加されているため、やや柔らかい色の表現が可能になっています。 1973年にトスカーナ州サンミニアートで設立されたCONCERIA WALPIER社は、3世代にわたって事業を展開しており、ベジタブルタンニンなめし処理に基づく革製品の製造に長い伝統があります。
【※Viridian Greenはアユート直販限定販売です。】

 
ページトップへ